さまざまな労働問題

労働問題とは、労働者の就業にかかわるさまざまな問題のことを言います。まず、会社員の労働問題です。

これは、ブラック企業という言葉で世に知られるようになった過重労働、残業代未払い、休日の拘束などがあげられます。さらに、高いノルマを課して労働者自身に商品などを買わせたりする問題もあります。このような会社は採用や解雇および退職を繰り返していく傾向にありますので、求人票への虚偽の労働条件の記載などといった問題も引き起こしています。

若年層の労働問題

次に若年層の労働問題です。就職がなかなかできなかったり、やっとのことで就職しても過重労働やセクハラやパワハラにより職場環境が悪化しているという問題があります。

若者は法律的にも知識がなく、相談窓口ももたないことから、このような問題は、若者の早期離職を促し、うつ病、ニート、ひきこもりの増加など社会問題となっています。ひいては若者の払う保険料で高齢者の年金を負担している社会保障制度の崩壊を招くと懸念されています。

労働問題と労働基準法の企業経営

しかしながらこれらの労働問題も、NPOや行政、マスコミなどの努力によって世の中に明るみに出てきています。特に企業の中ではこうした評判の悪化を防ぐために人材を大事にしようと努力しているところもあります。

行政などの啓発によって、消費者も知識を付け、このような法令違反をしている企業の商品やサービスを避けようともしています。このため、今後企業経営にとってはこのような問題を起こさない姿勢を評価される流れは今後も続くと考えられます。